« アイリッシュウイスキー JAMESON入荷 | Main | スタッフの入室予定 »

2004.02.25

道玄坂実験室 九龍支店開設への道 1日目

香港へ行って参りました。

目的は、ズバリ、九龍支店開設の為の視察です。

マンハッタン支店開設への視察から、早半年。
依然、マンハッタン支店開設の目処が立っていないのですが、
それはそーれ、これはこーれということで、
香港に行って参りました。

初日は、支店開設に必要な現地側での
資金的な協力を期待できそうなベンチャーキャピタリストOと、
POSなどシステム面での協力を期待できそうなネットワークエンジニアR
との会食をお願いしておりました。

場所は、わたくしYの個人的な希望で、香港といえば、海鮮ということで、
ラマ島の海鮮中華のお店です。

海老からホタテから蝦蛄からアサリから、
そりゃ、まぁ、香港海鮮グルメを堪能させて戴きました。

わたくしの貧弱な食生活からすれば、
およそ2ヶ月分の動物性たんぱく質を、
2時間ほどの夕食で摂取できた感じでしょうか。

で、ここで驚いたのは、海鮮に舌鼓を打っているそばから、
歓声が聞こえてきたので、振り返ってみると、
イギリス プレミアリーグのライブ中継をテレビでやっていて、
それを取り囲む10名ほどのサッカー好きが、
アーセナルの得点に歓喜していたのでありました。

いやはや、香港もさすが元イギリス領。
サッカー文化までしっかり浸透しているとは、
九龍支店開設は、より現実的かと、
胸が躍り、期待が膨らみます。

で、お腹が一杯になったところで、早速市場調査に参りました。

場所は、ランカイフォンというエリアの、
ドラゴン・アイというクラブとインソムニアというバーです。

ドラゴン・アイは、ベンキャピO曰く、
今香港で一番ホットなクラブということで、
大行列で、中には入れなかったのですが、
明らかにモデルでしょ、というお姉さん方が、
脇からズラズラ通されておりました。

仕方なく、その後は、ランカイフォンの真ん中にあるインソムニアへ。

これまた、インソムニアも白人の酔っ払いで一杯で、
中には入れませんでした。
やはり、イケテル店は、どこも一杯なのですね。

しかも、ランカイフォン・エリアの驚いた事は、道中に、
グラス片手の人が溢れて、呑んだくれており、
ちょっとしたお祭り騒ぎ状態。

日本では、中々お目にかかれない景色でした。

例えて言えば、日韓ワールドカップ時の日本戦後の渋谷みたいな感じでしょうか。

仮装している人、ただの酔っ払い、禿げ上がったオヤジ、などなど、
多種多様な人々が、それぞれに出来上がってしまっております。

なんとも楽しそうな光景でした。

ということで、また。

|

« アイリッシュウイスキー JAMESON入荷 | Main | スタッフの入室予定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8280/231584

Listed below are links to weblogs that reference 道玄坂実験室 九龍支店開設への道 1日目:

« アイリッシュウイスキー JAMESON入荷 | Main | スタッフの入室予定 »