« April 2005 | Main | December 2005 »

2005.05.23

まずは、反省から。

今は亡き『道玄坂実験室』を再開するにあたっては、まず、考えないといかんことがある。

どうやったら、「儲かる」か?、っちゅーこっちゃ。御殿やクルーザーや南の島を買えるほどにまで儲けたいっちゅーわけではなく、『道玄坂実験室』が『道玄坂実験室』として永年にわたって、営業を続けられるレベルで儲かったら、ええというか、儲からなー、また、潰れてしまう、基、休業してしまう、っちゅーこっちゃ。

仕入の酒代をはじめ、光熱費、家賃、従業員給料がちゃんと払えるのはもちろんの事、什器や家具・家電や内装が、季節毎とは言えへんまでも、少なくとも壊れた時とかヒドク汚れた時とか、とにかく必要な時には買い換えられて、それに加えて、出資者の人にも、なんらかのリターンをお渡しできるレベルで、儲かりそうなコンセプトを考えなあかんわけで。

オリジナル『道玄坂実験室』の経験から、オリジナル『道玄坂実験室』を、同じようにやっても、また、何年かで潰れてしまう、もとい、休業してしまう可能性は高い。なぜなら、前回は潰れてしまった、基、休業に追い込まれてしまったから。そもそも、同じのやりまーす、っちゅーて、お金を出してくれる人もおらへんやろし。

とはいえ、全くもって、オリジナル『道玄坂実験室』と違うことをやるっちゅーのも、抵抗感があったりする。

やっぱり、

1.大きなTVはおいて、サッカーを大画面・大音量で大勢の人と一緒に楽しみたい。
2.オリジナル『道玄坂実験室』のお客さんには、新生『道玄坂実験室』にも来てもらいたい。
3.店の人間とお客さんの間の距離感の近さが、とにかく面白かった。

っちゅーことを思うと、オリジナル『道玄坂実験室』の残すべき所は残して、改めるべきところを改めるべしっちゅー感じやんなぁ、っと。

ちなみに、お客さんからみて、オリジナル『道玄坂実験室』の良かった点、悪かった点、って、何やったんやろか?

っちゅーことで、また。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | December 2005 »